« 必ず来る | トップページ | 別れられない理由 »

2003年2月14日 (金)

昔話

小次郎と付き合っていた頃の話。

どんなチョコレートだと喜んでもらえるだろうと
デパートの売り場を1時間ウロウロしたことがある。

結局
“木箱入り・ブレンデーチェリーの高級チョコレート”
に決めて渡した。

受け取った小次郎から
「大切に、1日1個ずつ食べてます」
と言われ、すごくうれしかった。

ふぅ~。

健気でかわいかった、あの日の二人。

もうどこにもいない。
(いたら不気味か)

|

« 必ず来る | トップページ | 別れられない理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59911/10236626

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:

« 必ず来る | トップページ | 別れられない理由 »