« 2003年5月 | トップページ | 2003年8月 »

2003年7月30日 (水)

体重がまた増えた

体重測定の結果、
またも猫たちを引く地球の力が増大しました。

特に、大台の6㌔到達の小梅の場合・・

じっとしているのが大嫌いという
本人の気性の問題だけでなく
人間の腕への負担という要素が加わり
これでますます抱っこすることが困難になったと思われます。

ほんと、ずっしり重い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月28日 (月)

Tシャツからタオルへ

滲んでいる程度だったら
拭うためには着ているTシャツで充分。

が、ダメでした。

タオルが必要でした。

やっぱ、どこかで
犬にはかなわんな~という部分が
正直言って、ある。

しかし、それもどこかで
あくまで人間の勝手なファンタジーを
背負わされている悲劇の動物、と意地悪くも考える瞬間もある。

でもでも

そんな人間の幻想を叶えてくれている唯一の存在として
この世に君臨してるっていうのも事実。

何言ってるんだか。

要するに『盲導犬クイールの一生』の最終回が
ついさっき終わってしまい
楽しみが1つ減ってしまった月曜の宵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月27日 (日)

最近流行っている遊び

雨の日は新聞がビニール袋に入れられて配達される。

そのビニールは、とてつもなく薄いが
「これも立派な透明袋」ってことで
ゴミ出し用の袋として利用している。

今年は雨が多かったので、ずいぶん溜まった。
しばらくは買わないで済みそう。
うれしいな~。

さて、この頃我が家で流行っているのが
このビニール袋を丸めてあっちこっちに投げ
2匹が取り合っている姿を眺めること。

特にかりんちーは、くわえて持って来て
「もう一回お願いしますぅ~」と
私達の目の前に落とす。

らぶりーっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月26日 (土)

相愛相愛

小梅は小次郎命。

小次郎も、そんな小梅をまさに猫かわいがりしている。

そんなに甘いとつけあがるだけだと私は思うのだが
舞い上がってる2人は、周りの忠告に対して聞き耳もたず。

あ~あ“恋の奴隷”たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月25日 (金)

ハーベスト&猫

小次郎の実家の野菜畑でとれる
たくさんの大地の恵み。

2人では食べきれないので
とりあえず漬物にすることも多い。

さあて作るかなと準備をしていると
彼女はやってくる。

並々ならぬ好奇心と遊び心を胸に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月24日 (木)

蒸し暑いです

例年に比べれば今年は本当に涼しい。
が、猫たちにとってはかったるいようだ。

湿度が高いせいなのか
さかんに毛づくろいをしている。

憩いの場、出窓に猫の花が咲いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月22日 (火)

いよいよ来週

昨晩『盲導犬クイールの一生』を見た。

昨日も実に危ない状態であった。

パートナー入院のため
訓練センターに戻ってきたクイールが
去っていくパートナーの背中に向かって吠える。

やばい~。

この感じは『ハチ公物語』における
先生を乗せた霊柩車のあとをハチが
懸命に追って走り続けるシーンを見たときと
同じぐらいと言っていい。

かろうじて大洪水大会にならずにすんでいるものの
来週はいよいよ最終回。

どうせ決壊しちゃうんなら、オープニングの、
レンゲ畑を一生懸命走るクイールが出てきた時点で
我慢すんのやめようっと。

それにしても
こういった感動巨編には、ほとんど無縁な猫。

その“サラッと感覚”もまた良しですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月20日 (日)

夏祭り

昨日、そして今日も祭囃子が聞こえている。

猫たちは網戸越しに
「何だろう」って感じで身を乗り出している。

で、タイミング良く(いや、悪くか)
虫が網戸に飛んでくる。

大騒ぎである。

また穴あきの箇所が増えた・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月19日 (土)

宅急便到着

・カリカリ7.5Kg
・缶詰40個
・おからの猫砂

以上が宅急便で届いた。

送料も含めると大変な出費だが、
市からの避妊手術の補助金が振り込まれたので
それで何とかペイ。

これで約1ヶ月もつかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月18日 (金)

気がつけばそこにいる

ソファーに座って本でも読もうかな~
PCいじるかな~
ベッドでころんちょするかな~
化粧でもするかな~

・・というような時に・・

必ず先回りされているのは
いったいどうした訳なんでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月15日 (火)

体重測定

そのうちに・・と後回しにしてきた体重測定。

小梅様は
「もしかして6㌔超えてるんじゃないか?」
という心配があったが、わずかにセーフ。

ちょこちょこ動き回っている花梨様はやはりスリム。

でも、正直どのぐらいを基準にしていいんだか
よくわからない。

どうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月14日 (月)

月曜日はクイール

月曜日は『盲導犬クイールの一生』を見ている。

前にも書いたが、このドラマは本編よりも、
オープニングで花畑を走るクイールや
エンディングの実際の白黒写真が何とも言えず胸にくる。

それは、バックに流れている音楽と
相まってというのもある。

全7回だからあと2回か・・。


それにしても、犬を飼おうとしていたんだよね~、1年半前は。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月12日 (土)

昼間のふたり

雨の予報がはずれて
風が心地よい一日だった。

それにしても昼間の2匹は
過ごし方が全然違う。

小梅は場所を変えながらほぼ一日中爆睡。

花梨は動き回りながら、人の顔を見ては
「う~にゃん!」と愛想を振りまいている。

私はそんな健気なかりんちーがかわいいなあと思うのだが
小次郎はうめちーの方が気になるみたいで
ど~んと横たわるデカい体を撫でている。

『最小努力の最大幸福』という小梅さまの声が
聞こえてくるよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月10日 (木)

ナチュラルバランス⇒アイムス

今まで色々なカリカリを試してきた。

添加物、4Dミート等の
フードの問題を取り上げるサイトを見たりして、
結果、「なるべくいいものを」と考えるあまり
カリカリジプシーに陥ってしまった。

「あまり考え過ぎず、食いつきの良かったもので
いいんじゃないの?」

ということになり、以前
2匹とも争うように食べていたアイムス・チキンに決定。

3kg入りを買っているが、
あっという間になくなってしまうので
次回は7.5kgにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月 8日 (火)

猫には望めない能力

我が家のTV画面に映るものと言えば
経済ニュース、競馬、サッカー、料理番組が中心。

ドラマは小次郎が嫌いなので
結婚してから見ることがなくなってしまった。
おかげで、私自身も最近は昔ほど「ドラマ見たいな~」
と思わなくなった。

ところが、珍しく、ここ4週見続けているドラマがある。
それは『盲導犬クイールの一生』

オープニングの、
花畑の中をクイールが一生懸命走っている姿・・

そして、エンディングの仔犬の頃の白黒写真・・

与えられる役割、そのために選ばれた運命を
すでに受け入れているような健気な眼・・・

本編だけでなく、
これらを見ただけで、すでに涙腺が怪しい。
本当にヤバい気がする。

小次郎から「最終回が怖い」と言われております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年7月 6日 (日)

肥えてます!

いや~、よく食べる。
見ていて気持ちがいいほど。

うちの猫たちを眺めているだけでは
あまり気にならないけれど、
外で他の猫を見かけたりすると
小梅と花梨がいかにデカい女の子か、わかります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年5月 | トップページ | 2003年8月 »