« コーヒー色の猫 | トップページ | 密着系猫式 »

2004年2月13日 (金)

小梅賛歌

ブラウニングと言えば、思い浮かぶフレーズ。

そして最近、小梅の寝転がっている姿を見ると
口ずさみたくなる。

『海潮音』に取り上げられていて
上田敏の訳がとても良いのであるが、どちらかというと
萩尾望都の『ポーの一族』に引用されている場面の方が印象的。

ところで

ブラウニングという人は
ビクトリア朝の最盛期の詩人で
一生働かずに詩を書いて暮らしていくと決意し
それを実行した人である。

ああ、うらやましい。

|

« コーヒー色の猫 | トップページ | 密着系猫式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59911/10237611

この記事へのトラックバック一覧です: 小梅賛歌:

« コーヒー色の猫 | トップページ | 密着系猫式 »