« 猫からの手紙 | トップページ | お願いがあるの »

2004年2月 6日 (金)

我乞脱出

閉じられた空間
切り離された次元

守られることと
引き換えにしたものがある

これからも、いつまでも
ここにいればいいのだろう

しかし

夜となく
昼となく

心の声に
体が疼く

ここは温かく
そして時は穏やかに過ぎてゆく

流れる空気は
真綿のような優しさなれど

それは大いなる澱みも似て

|

« 猫からの手紙 | トップページ | お願いがあるの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59911/10237586

この記事へのトラックバック一覧です: 我乞脱出:

« 猫からの手紙 | トップページ | お願いがあるの »