« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月30日 (日)

ビールが美味しい季節

行きつけの焼き鳥屋さんは
歩いて7~8分のところにある。

タウン誌サイトの店紹介の画面にあるクーポンを
印刷して持って行くとグラス生が一杯無料になる。

で、毎回そのクーポンを出して
「とりあえずこれで」と
マスターにお願いする。

小さいグラス生をあっという間に飲み干し、
これが誘いアルコールとなって
以降、大中ジョッキが目の前に登場することになる。

美味しく食べて
めいっぱい飲んで、
とっても幸せ。

仕事のモヤモヤが吹っ飛ぶ瞬間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月29日 (土)

お奉行さま

そんなわけで
花梨とライムとの間も
自然な感じになってきた。

功労者は何といっても小梅嬢。

ライムと追いかけっこして遊んでやったり
(自分が楽しんでいるという噂あり)

リビングに不穏な空気が流れそうになると
突然ど真ん中で仰向けになって得意なポーズを決めてみたり
(単に楽な姿勢で寝転がっただけとの噂あり)

とにかく小梅さまが早い段階で
ライムを受け入れてくれたことで
大ゴトにならずに済んだような気がする。

さすがラグドール。

偉大なり、
人呼んで『青い目のぬいぐるみ』

その肩には
梅吹雪が舞っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月27日 (木)

どっちでもいいけど

荷物を持って玄関に向うと
花梨が猛ダッシュで先回り。

でもって、ごろんと腹ばいになり
「ああ~~ん」と鳴く。

それが

「行かないで~」

なんじゃないかな~と思うのは
人間の希望的観測。

「うわあ~い、行ってらっしゃ~いい♪
これでのんびりできるぅ~」

かもしれないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月26日 (水)

好奇心旺盛組

料理をしているとき。

人間の手元を
ずっと見続ける小梅。

だが、最近
Limeも同じことをやるようになった。

でもって、
同じようなタイミングで手を出してくる。

あまりに似ているんで、思わず笑ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月24日 (月)

登頂成功

この頃頻繁に
行方不明になるラムちーだが、
捜索した結果、

「そんなとこに、おったんかい!」

と、叫んでしまうような場所で
何事もなかったかのように
すましていることが多い。

例えば、小梅も花梨も絶対に
上らなかった高~~い場所に陣どって
こちらを見下ろしたりしている。

「おい、そこのモモンガっ」

最近こう呼ばれがち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月22日 (土)

繊細さ

ちびっこい銀色の嵐が
吹き荒れるリビング。

そんなLimeと一緒にいることを
厭わないのが小梅。

ところが花梨は
Limeが側を通るだけで鬱陶しそう。

ちびっこの存在には
何とか慣れたようなのだが
最近、心なしか覇気がない。

『新しい猫を迎えたら
先住猫の方に対して最大の注意を払え』

と、猫飼育の指南書に書いてある。

休日の本日、
小次郎と2人で、そんな花梨さまを
撫で続けていたら・・・

喉を盛大に鳴らして
とっても御満悦な表情。

心のケア、
大切なのですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月21日 (金)

教育的指導

そんなわけで
銀色の嵐、らむちー。

あんなことや、そんなことや
こんなことをやらかしても

「元気が一番!」

ってことで、
甘やかしまくり。

生ぬるい人間たち、
そして遠巻きで無関係を装う花梨。

以上の頼りない者たちに対して
呆れ顔の小梅さまが、ひとり立つ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月20日 (木)

目が追いつかない

有り余るエネルギーのはけ口を探しながら
ひたすら動き回る。

それが、最近の
ライムちんである。

「とにかく走るね、僕」

こう言いながら
今日も元気に跳ね回る。

自分でも
よくわからない内なる声に
突き動かされてるんだろうと思う。

ま、早く大きくなって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月19日 (水)

雨の夜、リビングにて

雨だ。

馬に乗れないので直帰。

こんなとき溜まっている家事を
すこしでもやればいいものを
全くヤル気が起きず。

天気予報によると、明後日、
台風が関東を直撃する可能性が
あるとのこと。

庭ではせっかく
薔薇がきれいに咲いているのにな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月18日 (火)

小さくても邪魔

キッチンで料理を始めると
見学(邪魔)しに来るのは
今までは小梅だけだった。

しかし

見学者(邪魔者)が増えた。

「どんなものができるのかな~?」と
じっと手元を見つめ続ける。

それにしても小梅に比べたら
やっぱり、ちっこいのぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月17日 (月)

雄どうし

「雄猫って、すげえバカだかんね。
 驚くなよ、たけちゃん。」

こう、小次郎に脅されていた。

小次郎の言う“バカ”には
“愛すべき”が隠れている。

ま、要するに雄猫が飼いたくて飼いたくて
仕方なかったわけだ。

「ラムちー、うめちーには逆らうんじゃないぞ」

「ラムちー、かりんちーに軽口たたくとシャーされるぞ」

「ラムちー、たけちゃんに金借りて、ここに持ってきてくれ」

やってれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月16日 (日)

掃除の邪魔

静かな午後。


ある猫は体を休め

またある猫は夢の中に遊び

そしてまたある猫は果てしなく食い続ける。


惰眠を貪る人間に寄り添いながら

猫たちの時間が流れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月14日 (金)

うめちー様

でかいダンボールが届くと
それは猫のハウスになる。

そして歴代のハウス、なぜかみんな
『うめちーはうす』だ。

べつに『かりんはうす』でもいいのに
そして、小梅だけでなく誰でも入るものなのに
なぜか小梅さまへの捧げ物みたいな扱いになる。

そうしてもらう本人も、
当然のような顔をして。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月12日 (水)

手を貸してくれ

料理していると必ず現れ、
何かとちょっかいを出す小梅嬢。

猫の額ほどのキッチンに
巨猫が上がってきて
邪魔をするという皮肉。

いいけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月10日 (月)

猫だらけ

本日の夕食。

野菜炒めを作り
魚を焼き
納豆を用意して
漬物も準備した。

茶も入れたぞ。

さあ食事だ。

いざ、食べ物をテーブルへ!

と視線を移したら
目に飛び込んできた光景がこれ↓

どかんかいっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 9日 (日)

窓辺にて

小梅も花梨も、ようやく
ライムがウロウロしている環境に
慣れてきたよう。

今まで、姐さんたち、
特に花梨に追い飛ばされることが多かったのだが
メゲずに一生懸命愛想を振りまいてきた
健気な姿が報われたのかも。

末永~く
仲良くしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 8日 (土)

恐るべき子供たち

ライムの行動を見ていると
誰かさんの子供の頃とそっくり。

小梅。

類は友を呼ぶのか、
このごろ親密なふたり。

これは2倍ではなく
2乗を覚悟しろということだと
思われ。

う~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 7日 (金)

美味しいよね


酒なくて 何の己が 桜かな


という生活を私たちは日々送っているので
そういった存在になりつつある猫たちにも
それにちなんだ名前をと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 6日 (木)

もこもこ

昨日あたりから、
ようやく花梨も落ち着いてきた。

寄りつかなかったリビングにも
ちゃんと来るようになったし、
ライムが近くを通っても、数日前のように
大騒ぎしない。

久しぶりに平常心っぽい花梨を見たので
うれしさの余り、シャッターを押しまくったら・・

毛が吹いたままのその姿は
まるで達磨か巾着みたい。

そろそろシャンプーですな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 5日 (水)

うめちー、許してやって!

うめちーはうすに
シルバークラシックタビー&ホワイトの毛をもった客が
侵入した。

そこに、うめちーが帰ってきた。

「うわっ!もしかしてボコボコにするんか!?」

こちらの心配をよそに侵入者は
「おかえりなさ~~い♪」みたいな感じで
うめちーに愛想を振りまいていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 3日 (月)

結果オーライ

ちょうど8年前のゴールデンウィーク。

散歩ついでに立ち寄った南浦和の住宅販売会社で
「2~3件、実際に見てみませんか?」
と誘われた。

そして現場を見た中に
今の場所(当時は更地)があった。

つまり、ぶらっと出かけた3時間後に
ハンコを押していたことになる。

私は「こんなに簡単でいいのか」と
躊躇していたのだが、小次郎が
「三方道路で、しかもそのうちニ方向が遊歩道。
 視界良好で絶対にいい!」
こう言い張るので、結局押し切られてしまったのだ。

そして現在。

陽が降り注ぎ、風通しの良い我が家は
日銭稼ぎのために昼間いなくなる人間に代わって
猫たちがその心地良さを享受している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 2日 (日)

女王様の御意向

ライムがそばに寄ると
「フーッ」
とか言って脅すくせに
そのくせ気になって仕方ないらしい小梅。

とにかく、我が家は
小梅さまが仕切っている家なので
彼女の出方が気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月 1日 (土)

NEW FACE

名前:Lime

性別:♂

年齢:4ヶ月

猫種:メインクーン

毛色:シルバークラシックタビー&ホワイト

出身地:東京


本日、京浜東北線に乗って
我が家にやってきた。

小梅と花梨が
「フーッ」「シャーッ」
と、さかんに脅しをかけているのだが
全く意に介さず。

我が道を行くニューフェイスは
姐さんたちの後を追って
ベランダにまで進出中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »