« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月28日 (火)

一枚上手!?

猫たちは
ベランダやウッドデッキに出るのが大好きで
風が運んでくる色々な匂いにくんくんと鼻を動かす。

そして、遊歩道を人や犬が通ると
フェンス越しにじっと観察している。

こういう光景は
実に平和なのだが・・・

黒い影が
どこからともなく現れると
もう、ダメである。

誘うように、からかうように
ベランダをかすめて悠々と飛ぶ相手に、
今にも掴みかかろうとする体勢で身構えている。

「へっへっへ~、そこの飼い猫~
や~い、や~い!」

もう完全に
おちょくられている感じ。

相手が悪すぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月26日 (日)

唯一の楽しみ

職場では
昼休みが決まった時間に取れないので
ほとんどの人が弁当持参だ。

“ここだ!”という時間を見つけて、
一気にかきこむので、
みんな早食いだ。

ところで以前、
給湯室のテーブルの上に
汁を吸いきった出前のラーメンを
見たことがある。

「誰だかわからないけど、かわいそー」

のちに、それが実は上司ので
しかも食べてたよ、という話を聞いた。

悲惨。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月22日 (水)

プライドの塊

小梅は
我が家に来た時から
小次郎のことがかなりお気に入り。

なので、
その小次郎に怒らたりすると
かなりスネる。

「この私が特に気にかけてあげているのに
なんでこの人は、私のことを怒るわけ?」

小梅なりに
納得いかないんでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月20日 (月)

1時間で仕上がります

最近、テーブルの
ランチョンマットの上が
花梨の定位置である。

小次郎が作ってくれた藍染のマットは
そんなわけで、常に6kg・38℃で
プレスされている。

皺なし、ただし
起毛加工。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月18日 (土)

ホンボシか?

そんなわけで
7月25日の犯行に関して共犯がいるものと思い、
その現場を押さえようとしていた。

が、その共犯者、どうも
我らの足音を聞くとすばやく立ち去ってしまう
ズル賢さがあり、これまでは確認が不可能だった。

しかしついに
その姿を確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月15日 (水)

ジャーキーフィッシング

最近、小次郎は
私の乗馬用の長鞭の先にタコ糸を結び、
さらにそのタコ糸に猫用ジャーキーを結びつけて
猫たちをじゃらしている。

これが、もう大評判。

アルミ箔を丸めた“ぎんたま”を使っていた時も
反応が良かったが、ジャーキーにしてからさらに
拍車がかかった感じ。

よく引いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月13日 (月)

ようやく

9月も半ばなのに
日中は陽射しが強くて
夏のよう。

でも朝晩はひんやり。

網戸にして寝ていると
風が冷たく感じられる。

来てますね、秋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月11日 (土)

材料費5000円

昨日、小次郎が帰宅したら
タワーが倒れていたそうだ。

手作りタワーは、天井との間を
家具の固定道具で支えてある。

が、猫たちが勢いよく飛びつくと
グラつくことが度々あった。

以前なら、犯人は小梅と断定できたのだが
今ではLimeの可能性もあり。

あ、花梨ってことも
全くないわけじゃない。

それはともかく
支えの道具がはずれただけなので
再度、タワーを固定した。

作ってから2年経ったが
まだまだ大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 8日 (水)

新たなる呼び名

Limeの呼び名が、
いまだに定まらない。

「らむちん」
「らむちー」
「長官」
「とっとこ」

小次郎も私も
これらを、状況に応じて
使い分けている感じ。

そんな中、最近新規参入したのがあって
それが

「らむらむ」

主に、私が使っておりますが
結構気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 6日 (月)

現場に急行

以前から
ついうっかり海苔を出しておくと
あっちこっち破損の跡が。

そして

最近、犯人はより大胆になって
海苔そのものを持ち去ろうとする気配。

海苔なしおにぎりは
やだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 4日 (土)

生後8ヶ月

Limeが我が家に来てから、
4ヶ月経った。

大きさから言えば、
もう、完全に姐さんたちに追いついた。

ただ、体はデカくなったものの
鳴き声が、まだまだお子様仕様。

「うなぅわああん~、うな~おぉおん」

何とも表現し難い音声を発して
あっちこっち走り回っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 1日 (水)

♪帰る道だって覚えてない

猫たちを見ていると
頭の中に流れてくるのは
谷山浩子とか遊佐未森の歌。

♪猫の森には帰れない ここでいい人みつけたから
 猫の森には帰れない なくした夢は戻らない

どこかに、
そんな鬱蒼とした樹々があって
広場の真ん中、木カブの上のロウソクを囲み
たくさんの猫たちが夜毎、集会を開いている・・。

そんな森が本当に
あるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »