« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月30日 (土)

ソファ占拠

色々と家事を片付けて
さて、ゆっくりコーヒーでも飲むかって時に限って
展開する光景がこれ↓

画面に釘付けの猫もいれば
思案に暮れる猫もいるのだが
とりあえず誰もどきそうにない。

ということで
別の場所で飲みます、
コーヒー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月28日 (木)

小梅の力説

猫たちの被毛が
モコモコし始めた。

「ボテっと見えるのはそのせい。
 わかった?」

こう言いたげな
小梅さま。

そういうことに
しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月25日 (月)

一応、じゃれてます

乗馬用の長鞭の先にタコ糸をつけ
そしてジャーキーを結んで
猫たちをじゃらす。

小梅とLimeは
長鞭を出してきた瞬間に
お祭騒ぎ。

そして
どこまでもどこまでも追いかけてきて
ものすごい形相でジャンプして
食いついてくる。

それはそれは
すごい迫力である。

ところが

花梨は目の前をジャーキーが通り過ぎた時だけ
「よいしょっと」という感じで
手をお出しになる。

他の2名の時と違い、
優雅でふわっとした空気が流れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月22日 (金)

カリカリ史

小梅と花梨が我が家に来て1年ぐらいの間、
カリカリ難民と化していた我ら。

「いったいどれなら食べて下さるのか?」

ロイヤルカナン、サイエンスダイエット、
ウォルサム、アボ、ナチュラルバランス、等々。

カリカリのことが書いてあるサイトを片っ端から覗いて
材料や添加物のことを心配しつつ、良かれと思って買ってきた
これら、プレミアムフードたち。

初めは口にして下さるのだが
どれも長くは続かなかった。

それならカリカリにまぶす缶詰の量を
多くしてみようと試みたところ
缶詰成分だけ舐めとるようにお食べになり、
ネブられたカリカリが残骸のように残ってしまう始末。

そんなある日。

たまたまサンプルで貰った『アイムス』を与えてみたところ
ものすごい勢いでお食べになり、しかも2匹ともに

「もっとよこせ」

みたいな態度でスリ寄ってきたのである。

前述のサイトでは『アイムス』に関して
あまり良い表記がなされていなかったので
候補から外していたのだが、そんなわけで
今では我が家のカリカリの定番になってしまった。

『アイムス・チキン』+イナバの缶詰『CIAO』シリーズ。

これが我が家の猫さまたちの
毎日の献立である。

新入りLime殿におかれましても、これらを
姐さんたち以上に食べている毎日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月20日 (水)

ミシミシ音がする

Limeがキャットタワーで一生懸命
小梅の毛づくろいをしている風景を
よく見かける。

微笑ましいのぅ~、と
眺めていた。

が、よく考えてみると
手作りタワーの同じ場所に
約13kgの重さがかかっているわけで
これはちょっとマズいのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月18日 (月)

雄弁な尻尾

人や、他の猫がそばにいると
小梅さまの尻尾はまるで
ワイパーのように忙しく動く。

喉をゴロゴロ
鳴らしながら。

「ふっふっふ~、どうやって
 からかっちゃおうかな~♪」

なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月15日 (金)

オーディエンス

今日の夕食は
麻婆豆腐。

作るのは小次郎。

私はこうしてネットしながら
エールを送っている。えへへ。

いつの間にか観客が2名。
興味深そうに見続けている。

その手でもいいから借りたいという
例えにされてしまった動物たちであるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月12日 (火)

早くも冬コレ

10月に入っても
30℃を超える日があったりした
今年の関東。

だが、ここへきて
朝晩ぐっと冷えてきた。

半袖と長袖が入り乱れているタンスの中身を
この連休中に片付ける予定だったのだが
雨模様のため、延期。

花梨の、
スムーズな切り替えのようには
うまくいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月10日 (日)

ウメゴロウ先生

2匹のメインクーンと
2人の人間が住む
ウメゴロウ王国。

ウメゴロウ先生は
時に優しく、時に厳しい。

愛のパンチが飛ぶことも
躾けの足蹴が炸裂することもあるが
住人たちは、ありがた~く頂戴する毎日である。

Tシャツ、穴だらけ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 8日 (金)

多方面からの備え

今年上陸した台風と比較すると
最も強い勢力を保ち続けているという、
今回の22号。

今のところ、
近畿から関東にかけて接近・上陸の恐れのある
進路を取っている。

そんなわけで
ベランダに置いてあるものを片付け、
そして庭の植物の支柱を点検した。

そして・・・

「明日は、外を歩けないだろう。
今日行っておこう。」

意見が一致し、これから雨の中
焼き鳥屋に突撃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 5日 (火)

Limeの一日

姐さんたちが登らなかった場所に
Limeはやすやす上がり、そして
「うな~ぉん」と鳴く。

そして喉をゴロゴロと鳴らしたあと、
急に静かになる。

しばし爆睡。

そして、その後、
床に飛び降りて猛ダッシュ、
「うなあ~~ん(遊んでくれ~)」と
まとわりついて来る。

体はとてもデカくなったのに、
まだまだ子供。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 3日 (日)

私の場所なのに

ガレージに面している
2階の窓辺。

そこは、
小梅やLimeにとっては幅の狭い場所なので、
細い花梨の憩いの場所だったのだ。

ところが最近、
小梅がうまく体を縮めながら
陣取る光景が見られるようになった。

「どうしよう」

挑むことができない花梨は
困った目をして
こちらを振り向く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月 1日 (金)

おっとり猫

3匹同時にジャラそうとすると
どうしても他の2匹に遅れを取って
ひとりポツンと佇んでいる花梨。

不憫・・。

ってことで、
ドアの向こうで花梨だけの
ジャラしTIME開催中。

納得いかない
他の2匹。

ま、君らはちょっと
休んでなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »