« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月29日 (日)

美しいダービー

そんなわけで本日ダービーディ。
とてもいい天気。

猫たちはいつものように
「にゃあああん(デッキに出してよお~)」
と、朝から騒がしい。

小梅の後ろのバラは
イングリッシュローズの“アブラハム・ダービー”

穏やかな色彩と
インパクトのある香り。
そして大きく広がる枝ぶり。

3拍子(3冠)揃った名花である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月25日 (水)

酒処・こうめかりかり

我が家の私設赤のれんを
『酒処・こうめかりかり』と呼んでいる。

そこはかつては
性格が対照的な2人の姐さんによって
切り盛りされていた。

しかし、最近になって
若い男の子が雇われた。

そのアンちゃん、
「うなうな」鳴きながら
客の食べ物に手を出しそうになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

今はおやすみ

猫の寝顔を見ていると
張り詰めていた気持ちが一気に緩む。

ホッとするという感覚とは
ちょっと違う。

今いる場所から
どこか違う所へポンと背中を押されて
放り出される感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

寒い日々

4月末。
真夏のような日々がやってきた。

こりゃたまらんと、珍しく早々に衣替えを済ませ
そして猫たちの憩いの場とは言え、いくら何でもと思って
コタツを格納した。

このような準備のもと、
さわやかな気候のゴールデンウィークを過ごした。

が・・・

季節は冬に逆戻り。

昨晩はストーブをつけて
おでんを囲み日本酒を楽しむ夕べとなった。

猫たちは
早すぎたコタツとの別れに納得いかない表情を浮かべ、
こちらを見る。

ごめんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い日々

4月末。
真夏のような日々がやってきた。

こりゃたまらんと、珍しく早々に衣替えを済ませ
そして猫たちの憩いの場とは言え、いくら何でもと思って
コタツを格納した。

このような準備のもと、
さわやかな気候のゴールデンウィークを過ごした。

が・・・

季節は冬に逆戻り。

昨晩はストーブをつけて
おでんを囲み日本酒を楽しむ夕べとなった。

猫たちは
早すぎたコタツとの別れに納得いかない表情を浮かべ、
こちらを見る。

ごめんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月11日 (水)

探していた青

昔、植物の『青色』が
実験研究のテーマだった時があって
当時はいつも身近な『青』に目が行った。

今は、とても近くに
その色がある。

美しいが雄弁で
自分の言うことを聞くのは当然と思い込んでるのが
その色の眼の持ち主だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 8日 (日)

空に弾けるLime

今朝、6時のこと。

2階のリビングから
小次郎がものすごい音をたてて寝室に飛び込んできて
ベッドの横の窓を勢いよく開けた。

何だ何だ、休日の惰眠をむざぼる私に対する
新手のイヤガラセか?と思ったら
「らむが落ちやがった!」だと。

見ると、ウッドデッキに着地したLimeは
「うにぃ~~」と鳴きながらウロウロしていた。

小梅と花梨は我が家に来て3年になるが
ベランダからの墜落回数はそれぞれ2回と1回。

しかしLimeはまだ1年なのに
これで3回目。

鳥の挑発に対して、どうも
コラえることができないらしいのだ。

「こいつはこれからも落ちるな、きっと」

あ~あ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

やわらかく、頭も体も

小次郎が先日
カイロプラクティックに行った。

でもって、体の歪みを
矯正することにしたんだそうな。

運動で筋肉を傷め、
それを庇うように過ごしてきた日々が
腰痛を引き起こしていたらしい。

料金が1回ごとに5000円以上になるので
お得な5回、10回分の回数券も売られているという。

「たけちゃん、『医療費』として生活費から出してくれない?」

「控除対象にならないんでしょ? ヤダね。」

しょぼ~んとした表情の小次郎。

仕方ねえなぁ、もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

また逢う日まで

新緑を通り越して
初夏のような天候。

洗濯物がバシッと乾いて
ものすごく気持ちがいい。

そして
来る者あれば去るもの有り。

我が家の酒処として
あるいは猫たちの憩いの場として
みんなに愛されてきたコタツ、本日解体。

その直前の様子がコレ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »