« 好きな色 | トップページ | Love is the mystery  »

2008年8月19日 (火)

ピート先輩に捧ぐ

ベランダに通じる窓の網戸は
毎年破られる。

そしてその都度
我々が張り直す。

すると猫たちが再び
体当たりをして通り道を作る。
その繰り返し。

そんなわけで最近は
「どうせまた破られるんだから、いいやこのままで」と
猫たちが自ら作り上げた外の世界との懸け橋を
そのままの状態にしている。

彼らにとっての、
『夏への扉』

Nyangel029

|

« 好きな色 | トップページ | Love is the mystery  »

コメント

あああああ~っ、また この光景がっ。
網戸って猫の力でも破れるものなんですねぇ。

うちは網戸の存在がわかっていないらしく、
私が外に居ると
「んんにゃぁ~(戻ってきなさい)」と
叱られます。
わたしゃ子猫かっ!

投稿: いくりん | 2008年8月21日 (木) 21時32分

いくりんさん、こんばんは~。

そうなんです。またもこの光景なんです。
恒例なのでもう諦めてますが。
メインクーンの体重と、しつこい精神力があれば
簡単みたいです。うう。

本当に猫って時として保護者面しますよね、我ら
人間に対して。

投稿: たけ | 2008年8月21日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好きな色 | トップページ | Love is the mystery  »