« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月14日 (日)

それぞれの星の下

朝、お弁当の缶詰とカリカリが入ったデイバッグを背中に背負い
「行ってきま~~す!」と元気良く飛び出して行く。

その後ろ姿に
「車に気をつけて、ノラさんたちと遊んでくるんだよ」と、
声をかけて見送る。

そして
夕方。

「ただいまあ」と、カラになったデイバッグを玄関に放り投げて
「お腹すいちゃったあ~~~、晩カリカリまだあ~~?」と
人の足にジャレついてくる。

猫缶を開けている横で、
1日の冒険の報告が始まる。

「あのねえ今日はねえ、みーちゃんと、さくらちゃんと仲良くなったんだよ。
又三郎くんとはプロレスをやったんだよ。それから・・・」

・・・このような

生活を送ることは一生ない我が家の猫たちのテリトリーは
材木と鉄とコンクリートで作られた、安全と言う名の箱庭の中。

そういう星の下に生まれてしまったと
諦めてもらうしかないけれども。

Nyangel032

| | コメント (4)

2008年9月 5日 (金)

脱走犯の末路

毎朝30分、かならず
猫たちをウッドデッキに出して
コーヒーを飲んでいるのですが・・・・

ゆっくり香りや味を楽しんで
いられないのです。

そうなんです、ちょっと目を離すと
すぐ脱走してしまうので。

回数はもう圧倒的に
男子チームですかね。

Limeが右手からデッキを飛び越えて走ったと思ったら
それを見て今度はタレが左手から逃げていく。

で、それぞれを連れて戻ったら
今度は小梅がどこにもいない、とかね。

この中で厄介度がNo1なのは、やはり小梅です。
回数は少ないけれど、やる時はやります。

一気に正面のガレージまで走ったかと思うと
躊躇することなく下をくぐって道路をスタスタ歩いて
適当な場所で、まるでそこがリビングであるかのようにゴロンと転がり
道行く人たちに腹を見せるのです。

デッキでのんびりと
空気の匂いをくんくん味わっている花梨を
みんな見習って欲しいものです。

Nyangel031

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »