« 夕暮れの風 | トップページ | 甘えの構造 »

2012年8月 6日 (月)

小梅先生

図体では超えていても
永遠に乗り越えられない何かがあります。

そんな大きな存在に、
今日も男子たちは渇を入れられているのです。


Nyangel0417


|

« 夕暮れの風 | トップページ | 甘えの構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れの風 | トップページ | 甘えの構造 »