« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

長毛種の憂鬱

梅雨の鬱陶しさも夏への1ステップと考えて
乗り切っていきたいですが、長毛種の猫たちにとっては
厄介なシーズン到来です。

空調など、色々と工夫して
心地よく過ごせるように
気を使わなければなりません。

今まで一度もやったことはないのですが、
丸刈りも含めて考えようと思います。


Nyangel0484


| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

夏がすぐそこ

ダービーが終わって
春のクラシックレースは一段落。

ですが、安田記念、宝塚記念と
まだまだ古馬の大きなレースが残っていますので
気は抜けません。

それが終わるといよいよサマーシーズン突入。

蒸し暑い気候を乗り切って欲しいですね。
馬たちも猫たちも。


Nyangel0483


| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

美しさの主張

バラ育種家、デビッド・オースチンの義父にあたる、
レオナルド・ダッドリー・ブレスウェイトの名に因んで名づけられた
“LDブレスウェイト”。

今、庭で満開です。

耐寒性、耐暑性に優れ、毎年多くの花を咲かせてくれる
イングリッシュローズ。

直球ど真ん中なレッドが鮮やかで
新緑に映えます。


Nyangel0482


| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

にゃんげる係数高騰

自前の家計簿をつけています。

表には食事の献立&支出の記入、
裏にはレシートを貼るという用紙4枚で1か月分、
1年分48枚でフラットファイル1冊になります。

数値そのものはエクセルで管理しているのですが
このアナログな作業が結構楽しい。

いかに限られたスペースに形の違うレシートを
重ならないようにうまくパズルのように嵌めるか。

バッチリ決まったときは
「ねえ見て見て」と旦那に見せびらかします。
大抵「ふ~ん」で終わりますが。

たまに昔のファイルを引っ張り出して
どんな献立に凝っていたかとか、物価情勢がどうだったとか、
興味深く眺めることがありますが、今昔物語のダントツ第1位は
ガソリン価格ですね。

レギュラー80円/ℓ、いえ一時70円台の後半で入れていた頃が
あったんですよね。


Nyangel0481

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

粘り腰

明るい陽射しの中、ウッドデッキに吹く風は
さわやかで初夏の香りを含んでいます。

毎朝の和みタイム。

「まだ木曜日か・・・」「早よ来い週末」と思いながら
猫たちとの短い憩いの時間を過ごします。

頻繁に繰り広げられる椅子取り合戦ですが、
敗者の中にはアッサリとその場去る者もあれば
しつこくまとわりつく者もあり。

それぞれの性格を垣間見ることができて
面白いです。


Nyangel0480


| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

HAPPY BIRTHDAY

Ginは5歳になりましたが、
実は誕生日は4月19日です。

一昨年も、昨年も、すっかり忘れていて、
今年に至っては1カ月近くも失念していました。

言い訳するわけではないのですが(するのですが)
この時期は新年度を迎えて毎年てんやわんやの
怒涛の職場状況にボロボロになっているものですから・・って
理由になってませんね。

とにかく、今年も無事に誕生日を迎えられて
嬉しい限りです。


Nyangel0479


| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

憩いの時間

やっと金曜日・・・なのですが、
明日土曜日も出勤決定です。

猫との憩いの時間は
早朝と夜のみ、という毎日。

なので朝のウッドデッキでのコーヒータイムは
貴重な時間です。

体に澱が溜まる毎日を
コーヒーとフルーツとモフモフが
朝、矯正してくれるのです。


Nyangel0478


| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

赤い黄金週間

今回もアネモネが写っています。

前回はGinでしたが、
今回はLimeと。(後ろにChiliもいます)

その昔、色素を研究していた時代があったので、
今でも様々な花を見るとその色素の成分について
見当をつけながら眺めてしまいます。

このアネモネの赤はゼラニウムや苺などと同じ成分で
とにかく鮮やかで印象的。

ウッドデッキで猫にカメラを向けると背景に写り込んで
その存在、美しさを主張しているかのようです。

ところで

今年のゴールデンウィークもあと1日で終わりますが
横浜&都内に行ったり、庭をいじったりしているうちに
あっという間に過ぎていきました。

溜まりまくりの録画を見ようと思っていたのに
ちょっと無理そうです。


Nyangel0477


| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »