« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月29日 (木)

弟との再会

「雄猫ってバカで楽しいわよ」

この、友人の一言に心動かされ、
小梅と花梨という雌猫2匹が君臨している我が家に初めてやってきた雄猫、
それがメインクーンのLimeでした。

2004年の5月初旬のことです。

先輩姉さん猫2匹の手痛い洗礼を軽く受け流し
その後続けて我が家にやってくることになる雄猫たちのリーダーとして
君臨してくれたLime。

愛情表現が豊かで、その分嫉妬が激しく
後にGinが我が家にやってきてそちらに気をとられていると
「僕を見て!」とばかりに洗面所の流しで粗相をするなど、
我らの意識の向かう先を常に観察しながら行動している雰囲気がありました。

食事の好き嫌いが一切なく、健康で
我が家の猫の中で最も手がかからなかったLime。

ところが、1年前の検診で病気の可能性を指摘され、
その時の精密検査では判定まで至らず経過観察の日々だったのですが
3ヶ月前、とうとう病気の診断が下されます。

2011年に亡くなった
花梨と同じ病気でした。

花梨の時は「何とかしてやりたい」という一心で治療に臨みましたが
それは彼女を苦しめただけでしたので、もし誰かが同じ状態になったら
今度は緩和治療で臨むと心に決めていました。

そして本日1時50分。
Limeは旅立ちました。

2日前まで好きな豚肉や鶏肉を食べていたのですが、
昨日容態が急変したのです。

来月29日に15歳になるはずでした。
残念ながら14歳と11ヶ月で力尽きました。

今は、一足先に行っている
弟Chili(タレ)と再びじゃれ合うことを楽しみにしながら
虹の橋に向かっている途中でしょうか。

Nyangel003


| | コメント (2)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »